いつも輝いていたい。

興味を持ち続けること。楽しい日々を過ごすこと。出来たらいいな~。

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風前の奈良の郷

 台風が接近中の連休前の14日(土)、義父の13回忌を執り行いました。
法要と言っても私たち夫婦と娘と息子だけの簡素な法要です。
両親が存命中は法事等の行事は親戚の方も出席して戴き、
準備がたいへんでしたが、私はすべて簡素にしようと思ってます。

 
 台風が接近中の天候の為、朝からどんよりとした天気でした。
仏壇とお墓まいりのお花を準備するために、満開中の花畑のお花を摘み取り
ついでに写真も撮っておきました。

 ただ今、コスモス満開中。隣の田圃は、既に収穫を終えたようです。
P1110719.jpg

 裏山に植えた菊芋が2mにも成長してます。
P1110716.jpg

本来食用の菊芋ですが、花がとてもきれいだし、裏山に黄色が鮮やかです。
P1110713.jpg

彼岸花もつぼみをつけ始めました。彼岸には満開になります。
P1110721.jpg

香りグラジオラス、今年初めて植えみました。香りは???
P1110712.jpg

シソも花をつけています。種様に残しておきます。
P1110727.jpg

赤唐辛子が色づいてきました。赤とグリーンのコントラストが鮮やか。
P1110717.jpg


                   

 記事を書いてるただ今、近畿地方の一部に特別大雨警報が発令中です。
予想以上の大雨でかなりの雨量に膨れ上がってます。

 今年の気象は竜巻が発生したり、ゲリラ豪雨等が起こったり、
今までとは考えられない自然災害が起こってます。
被害がこれ以上拡大しないことを願うばかりです。

同窓会

 昨日の日曜日、高校時代の同窓会が開催されました。

 私が通った高校は、奈良市にある私立の進学校でした。
当時、クラスは7クラスありました。
1クラスがだいたい40数名ですから総勢280~300人くらい
いたことになります。

 同窓会はクラス単位ではなく、学年全体の同窓会です。
この同窓会が開始されてから、既に10回は実施されています。
約1~2年の間隔で開催されます。毎年30~40名くらいの参加です。

 私が参加するようになったのは3年前からです。
会社を退社し、やっと時間に余裕ができ、久しぶりに同窓生と
再会したい気分になったからだと思います。


 今年の参加は総勢42名の出席者で行われました。
場所は奈良市にある、会員制のホテルでの開催となりました。
幹事がこのホテルの会員ということで決まったとか。
P1110685.jpg

 3~4名でのテーブルセッティング。
P1110688.jpg


 まずはお食事タイム
    本日のメニューのご紹介 

 食膳の楽しみ:ムースにからすみがトッピング
P1110691.jpg

 天使のエビ、ホタテ貝と秋茄子のタタンサラダ仕立て
P1110692.jpg

 焼きコーンポタージュ
eaxghRYLywgZt401378686355_1378686689.png

  真鯛のペルシェ
P1110694.jpg
 
 特選牛フィレ肉の網焼き 茸ソース
P1110695.jpg

 お食事も終盤に入り、それぞれの近況報告

 亡くなった方があったり、音信不通の人があったり、参加する意思など全くない人
同窓会と言っても参加者はだいたい固定しつつあります。

 最期のデザートはモンブランケーキ、アイス添え
g1rVowJetwkghul1378687358_1378687554.png


 今回男性と女性の参加率がちょうど半分ずつでした。
卒業してかれこれ40数年、それなりにおじさん、おばさんになってます。

 それでも愛称で呼び合い、たちまち昔に戻れる瞬間です。
同窓生は気楽に、飾り気なく付き合えます。
その後、親しかった仲間たちと喫茶店に行って2次会をしました。

 昔話に話が尽きず楽しい一日でした。


長月(9月)の奈良の郷

 先週末は台風の影響で天候が不順となり、ややこし空模様でした。
台風は勢力を弱め、温帯低気圧に変わりましたが、断続的に雨は
降り続いていました。

 8月には雨が全然降らなかったので、植物的にはとても嬉しい雨では
ありました。

 雨が降ると、農作業はできないのでとても損をした気分になります。
小雨の合間を縫って9月の奈良の郷の花畑を撮ってみました。


  家の前の田圃の稲は黄金色に変化しつつあります。
P1110672.jpg


 こぼれ種から発芽した朝顔、棒に絡み付いて咲いてます。
P1110657.jpg

 マリーゴールドにも絡み付いてる朝顔 
P1110660.jpg

 にらの花が咲きだすと秋の取り入れの時期の現れです。
P1110618.jpg


垣根の木の枝を剪定したら、シュウカイドウが元気に咲きだしました。
P1110663.jpg
 
秋を象徴するコスモスが咲き始めています。
P1110669.jpg

  今年こそ咲かせてみたい、皇帝ダリア。
毎年11月には霜にやられて、枯れてしまいます。
P1110670.jpg


花畑の花々の様子を見ると、秋模様をしっかり感じとれます。

夏の終わり

今年の夏は本当に暑かった。 
暑かった八月も終わり、秋を迎えようとしている。
自然はもう既に秋の準備をして、季節のうつろいを与えてくれる。

 
つげの郷の秋のうつろい、あれこれ 

 まだまだ青いけど、日ごとに色づいていく柿の実P1110605.jpg

 今年もたくさん実ってます。くりの実 P1110609.jpg

 冬に向かって真っ赤な色に変化する万年青(おもと)の実P1110611.jpg

 何とも言えない色合いのうす紫色の実をつけるコムラサキ式部
P1110612.jpg

 花色が綺麗な大千成、花の後につく実
P1110614.jpg

 下向きにつく実、中をのぞいてみた。実の中には種が一杯はいってます
 P1110615.jpg

 お正月頃には真っ赤な色合いになって目立つ南天の実P1110616.jpg

たわわに実った風船蔓の実、茶色く色づいて中からハートの模様の種が現れる。
P1110620.jpg

 
 今年の秋は台風の発生、そして豪雨が予想されます。
これも地球の温暖化による影響かもしれない。

 自然をこれ以上、壊してはならない。


奈良の花畑に咲く花々(8月末)

 週末奈良の家に帰省するのは当然のことになってしまった。

 ガソリン代、高速料金、1度の帰省で約5000円かかる。
それでも、植物たちの成長が楽しみで訪れる「奈良の郷」
「バカみたい。」とたびたび思うときもある。

 でも、永住するには、あの地は私にはとても重荷だ。
だからどんなにお金がかかっても、別荘感覚でとらえたいと思ってる。

 他人から見れば「なんて贅沢な。」と思われるだろう。
それなりに悩みを抱えながらも、今はそうするしかないのだ。

   *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

   8月末の奈良の郷に咲く花々

 週末は西日本は久々の雨
植物たちにとっては恵みの雨になった。

 雨の合間に撮った花畑に咲く花々達。

  オレンジ色のジンジャー
P1110592.jpg

P1110593.jpg

 白色のジンジャー:とってもいい香りがします。
P1110591.jpg

 鶏のトサカに似ている鶏頭
P1110594.jpg

 黄色の鶏頭
P1110600.jpg

 葉がとっても鮮やかな葉鶏頭
P1110601.jpg

 誰が名づけたのか? へくそかずら
P1110607.jpg

暑かった夏も終わり、秋を迎えようとしている奈良の郷です。 

猛暑、酷暑、激暑

 暦では、昨日8月7日は立秋だったとか。

しかし,この暑さははんぱじゃありません。

倒れる寸前です。熱中症にかからないように願ってます。

ベランダの朝顔だけが涼しげに咲いてます。


P1030959.jpg

暑中お見舞い

umi11.jpg

«  | HOME |  »

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。