いつも輝いていたい。

興味を持ち続けること。楽しい日々を過ごすこと。出来たらいいな~。

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして父になる。

 ただ今映画館で上映中の「そして父になる」を観てきました。

 出産時、産院で乳児を取り違えれた二組の夫婦の心の葛藤を
テーマにしたお話です。

 主人公の父親役を演じるのは歌手としても俳優としても人気沸騰の
福山雅治さん、妻にはNHK朝ドラで評判になった尾野真千子さん。
もう一組の夫婦にはリリー・フランキーさんと真木よう子さんが演じています。


 ≪あらすじ≫
 学歴、仕事、家庭共に順調に生活しているエリート会社社員野々宮と
妻のもとに、ある日、6歳の息子を生んだ産院から電話が入る。

 電話の内容は「6年前の出産時、赤ちゃんを取り違えた可能性がある。
その当時の看護婦の証言でその事実が明らかになった。
看護婦の証言を確認するためにDNA鑑定を受けてほしい。と言う。
事実を確かめたく、鑑定を受けた結果、『本当の親子と認定されない』と知り、
驚き愕然とする。


  二組の家族が今後どうすればいいのか、たびたび家族同士で面会したり、
触れ合う期間を設け、どうすることが子供達にとって一番の最善策かを考える。

 何度かの家族間の話し合いの結果、血縁の子供を引き取りことを決断し、
子供たちはわけが分からないまま、実の親の元で暮らし始める。

 しかし、当の子供たちは育ての親を自分の親だと感じていることを知って、
野々宮は育ての子 けいたを迎えに行く。




  実の子か育ての子か?と言う難しいテーマを映画化した作品。
観た人に<自分ならどうする?>と言うことを投げかけてる作品だと思う。

 ストーリーはともかくとして全編にわたって、バックにピアノ曲が流れ、
音色が更に映像を引き立たせていることだ。
その中にはピアノを習った方なら必ず練習したであろう、ブルグミュラーの
練習曲が出てくる。

 私もピアノを少しだけかじったことがあって、何度も練習したブルグミュラーの
練習曲がとても懐かしかった。


 この作品をアメリカの巨匠スピルバーグがリメイクしたいと熱望しているとか。
スピルバーグならどういう風に映像するのかが、どういう風に表現するのか?
むしろ私にはその方が興味がある。


 
スポンサーサイト

コメント

MaryRose 様

 赤ちゃんの取り違え事件は過去にありましたが、実際に体験すればとても複雑な心境でしょうね。
とても考えられないし、考えたくもないことです。

辛い選択でしょうね。
6才だと、可愛い盛りで、もう色々分ってくる時期ですし
親も子も分かれるとなると、引き裂かれるような思いをするでしょうし。。。。
産院での取り違いが有ったら悲劇ですね。。。。

私は生まれたばかりの、わが子の顔をしっかり見つめたことを
思い出しました。大病院だったので。

yamanami様

 難しい問題ですよね。
考えた事もないし、考える気もないですが、
もし? 自分ならどうするでしょう?
やはり難しいテーマです。

アイマイ様

 ご返事遅くなりました。
この取り違えのテーマはちょっと古い感じも致しましたが、自分ならどうする?と問われたら難しい問題ではあります。

 テーマ自体そのものより監督がどういう風に演出してるかの方に興味がありました。
更にバックに流れるピアノ曲が映像を引き立たせていたのが印象的でした。その曲の一部がブルグミュラーの曲だったのも懐かしい事でした。

超難題

ほんとうに難しい問題です。
6年も育てれば、そのままを選択したいのですが。
その後、本当の親探しが始まることもありますし。
やはり、難しいですね。

難しいお話ですね。赤ちゃんの取り違え、昔も聞いたことがありますが。
家族とは何かという難しい問いかけですね。
私はこんな難しいことは、よう分かりませんが^^;

♪さうざんどさんは、バックミュージックに興味を持たれましたか。
ピアノを習ってはいないので、音楽も難しい~~(汗)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。