FC2ブログ

いつも輝いていたい。

興味を持ち続けること。楽しい日々を過ごすこと。出来たらいいな~。

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京家族

 会社に勤務してた頃は、月に1度映画館で映画を楽しむことにしていた。
映画館のシネマクラブに入ってシネマ情報を送ってもらったり、
ポイントをためたりと映画を結構楽しんでいた。

 シネマクラブが廃止になり、会社を辞めてむしろ時間ができるようになったのに
せいぜい年に数本しか見ないようになってしまった。
今は、どうしても見たい映画だけは映画館に足を運ばせる。

 2年前は「悪人」、おととしは「八日目の蝉」がどうしても見たかった映画。
奇しくもどちらの作品も日本アカデミー、最優秀賞を受賞した作品です。
今年は何が選ばれるのやら? 考えたら昨年は見たい映画はなかった。

  
 2013年、2月になったばかりだが見たい映画がたくさんある。
その一つ、山田洋次監督の監督50年記念作品東京家族

 『瀬戸内海に暮らす、老夫婦が東京に住んでいる3人の子供を訪ね、
久々に対面する子供たちの家族との関わり合いをとうして、現代の
日本のあり方や絆などを見つめていく物語』です。
悲しいのは上京し、子供たちとあった3日後に、子供たちの
姿を見届けるかのように母親が突然なくなる。

 巨匠、小津安二郎監督の「東京物語」の現代版映画といったところでしょうか?
エンドロールで「小津安二郎」監督に捧げる。となってました。


 
 映画はいつも平日に行くので観客も少なく、貸切状態で見るのだが、
昨日は土曜日でもあり、夫婦連れや年配の女性連れの観客が多かった。

 映画を通して感じたことはまさに現代の家族を象徴してると思った。
一昔前は田舎では家族が同居し、もしくは親元の近くに暮し働いてた。
ところが、今は殆どが核家族になり、子供たちは田舎を離れ都会暮らし、
そして老人夫婦が寂しく田舎で暮らすパターンが増えている。
どちらかがなくなれば、子供たちが片親の世話をどうしようか苦悩する。

 私どもの「つげの里」ですら殆どがこんな形になってきている。
現実私どもの親が片方になった時、苦悩した。
いよいよ動けなくなったとき、義母を大阪に引き取った経験がある。


 老夫婦を演じる「橋爪功」「吉行和子」さんの渋い演技がとてもよく
後半は泣けて泣けて。。。
映画では母親は68歳の設定になっているのだが、かなり年配を感じさせる
しぐさが多かった。
最近の68歳なんてまだまだ、元気バリバリ。
一花咲かせようくらいの元気さだ。
あれは小津安次郎監督の作品を意識しすぎる演出のせいのように思う。

 私の予想は「橋爪功」さんの日本アカデミー最主演男優賞は確実だと思う。
でも、作品自体は最優秀賞を受賞するのは無理なような気がする。
山田監督は毎年ノミネートされてるが、最優秀賞に届かない監督で、
今年くらいは受賞されることを本当は望んでいるんだけど。。。


 映画館に行く途中で見かけた早咲の梅の花がポツリポツリ咲いていた。
P1090915.jpg

P1090917.jpg


スポンサーサイト

コメント

SoRa様

 ご無沙汰ばかりで申し訳ありません。
お立ち寄りくださってありがとうございます。

 梅の花が咲き始めてます。
次々花が咲きだして嬉しい季節の訪れです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは☆お久しぶりです(^^

梅の花が素敵ですね♪
これから春の花がだんだん増えてくるから楽しみです☆

また素敵な写真と記事を楽しみにしながら覗かせていただきますね(^-^

yamanami 様

 小津監督の「東京物語」の映画をご覧になりました?
私はTVで昔の映画を見ました。
今回の映画は少々家族構成が異なってますが、同じような話になってます。

 今やどこにでもある話で、考えたら辛気臭いテーマだったかもしれません。

あいまい様

 映画は、最近TVで映画の宣伝をするので知るくらいで私もほとんど知りません。

 それぞれ独立して暮らした方が気楽ですよね。だんだんそういう風潮になってます。独居老人が増えるわけです。

 老後はヘルパーとかを頼むにしても最終判断や金銭的なことは親族がかかわらざるを得ません。その辺が難しいです。

郷愁を誘う映画

最初の東京物語の主演笠智衆さn以下ほとんどの方が
亡くなっていますね、原節子さんは分かりませんが。
尾道を舞台に本当にいい映画でした。

将来はこうなるだろうとのはしりの映画でした。
現在は小津安二郎さんが想像した以上の歪な家庭環境
になっているような気がします。

映画は思考回路を掘り起こしてくれるのには
絶好な媒体です。

No title

映画、長い間見ていません。
こうしてブログで紹介して頂いて、何が流行っているのか知るくらいで^^;
橋爪功さん、吉行和子さん、良い俳優さんですね。

家族のあり方も変化してきました。
特に女性の意識は変わってきましたね。

今更親と同居なんて、若い人にできるんでしょうか?
できるとすれば、経済的な問題が大きいでしょうね。
一人の方が気楽で良いと思っています。

子供と離れていると、親子であっても今更一緒が煩わしいと思ったりしています。
一人になって健康を失えば、ヘルパーさんとか、プロに来てもらう方が気楽かな? 私の場合は、です。
その時になってみないと分からないことは多いですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。