FC2ブログ

いつも輝いていたい。

興味を持ち続けること。楽しい日々を過ごすこと。出来たらいいな~。

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋祭り

 週末に半年振りに息子夫婦が孫を連れて帰省していました。
孫とは6月に初誕生のお祝いに徳島に行った折に会ってから4ヶ月ぶりです。

 1才4ヶ月になった孫は歩くのが面白くて部屋中動き回っています。
部屋においてる小物を触ってはほおりなげます。
食事も良く食べるし、身長も体重もする動作も平均並以上のようです。


       img_1458557_60023447_4.gif


 帰省した日が偶然にも義父の命日でした。(意図的でなく全く偶然でした。)
墓参りがしたいというので一緒に奈良に帰省しました。

 仏壇で過去帳を見ると、義父がなくなってちょうど10年経っていました。
私はすっかり命日のことなど忘れてましたが、主人でさえ忘れていたようです。

 私たちの死後、息子がお墓や仏壇をどういう風に管理してくれるのか分かりませんが、
この際ですので、しきたり等を教えておきました。

 
 ちょうど16日は村の秋祭りでもありました。
すんでいないのでこういった行事ごとも、ほとんど知らないのが現状です。

 村、都会で言うところの町内には神社が、私が知ってるだけで3ヶ所あります。
どうやらもっとあるようです。

 義両親が生きてた頃は、新年にはこの3ヶ所の神社に初詣をしました。
今では初詣もしなくなりましたが、私は毎週朝、神社までウォーキングしてお参りしています。

 お祭りと言っても神主さんが祝詞をあげ、大字総代、氏子総代、祭礼の役員等が
各神社を渡御をするだけのことです。その後ろに太鼓台が随行します。


 神主さんが常に在住するわけでなく、普段はひっそりとした神社です。
各大字の役員が白い衣装をまといお渡りにお供します。
 P1060058.jpg

 各大字の奉納が終わると、渡御が始まります。
P1060059.jpg

 行列の一番最後に太鼓台が随行します。
引っ張るのは青年団の若い衆です。
P1060064.jpg


 娘が幼い頃、太鼓台が家の前の通りにも練り歩いていましたが、青年が少なくなって
今ではこのお渡りに随行するのみになってるようです。


 一緒に行った孫は見物に来ていた小さいお子さんと遊ぶのが楽しいらしく
大はしゃぎしていました。

 未だ、言葉は話しませんがこちらの言ってる事は分かるようです。
色んな物事のふんべつも出来るようになっています。 
少しずつ自我も目覚めて、わがままを通します。


 次に会うのはまた数ヶ月先になるとは思いますが、成長が楽しみです。

しかし、たまにしか会わないのでなついてくれないのが寂しいです。

 


 
スポンサーサイト

コメント

アイマイ様

v-278こちらのコメントに気づかず失礼しました。

 たまたま用事があって帰省したようです。
最近、私たちがなくなった後のことを話すようになったので少しは考えるようになったのでしょう。

 アイマイさんちの息子さんはお帰りになさいませんか?
ご結婚も未だ?
ご結婚されるとむしろ帰省されることが増えると思いますよ。

 かえってくると生活の足しになるものをごっそり持って帰ります。
お米に、食料品など、それを喜んであげてるんです。
親ばかですね。

息子さんご夫婦

偉いですね~、四ヶ月ぶりの帰省とは言え
お祭りに帰省なんて、やはりふるさと回帰でしょうか?
ふるさと回帰は男性に多いと聞いていますが…

我が家の息子たち、1年帰省しないこともあります。
これで結婚などしたら(予定はないですが)
まず、帰省しないでしょう。

それでもいいから、結婚して欲しいのですけどね~

孫もできそうにないですが
羨ましいですよ~

miko様

v-2784ヶ月に会った孫は大きくなってました。
しぐさや行動が面白いですね。

 mikoさんちもご長男と結婚されたんですね。
おばあちゃんはご心配なことでしょうね。

 でも、なるようにしかならないよね。
 

お祭り

お孫さんたちと奈良に行くことができてよかったですね。

お孫さん、かわいいでしょ~~(笑)
本当に成長するのが早いですよね。
次に会うときはもっともっと生長しているわね。

我家の娘二人も、長男との結婚です。
おばあちゃんが家のことを心配しています・・・。
なるようにしかならないよね。なんとかなるでしょう~~~。

dim様

v-278昔はもっとお祭りもにぎやかだったんだろうけど、さびれてきてます。

 おそらく息子は奈良に戻ることはないでしょうが、せめて仏壇と墓だけは守って欲しいと
願っています。

 dimさんちはお二人ともご長男と結婚されたんですか?
お近くにおすみだから安心ですね。

 逆にあちらの親御さんは寂しいと思ってられるかも?

里の秋

こんばんは~☆

静かな秋祭りに、「里の秋」の歌詞を思い浮かべました。
喉かでいいところのようですね。

息子さんがいらっしゃるから、後の事はお願いできますね。。。

我が家は、娘二人とも長男のところへ嫁いだもので・・・今後はどうなることか。
幸い、長女夫婦が敷地内に住んでくれるとうので、あり難いと思っています。
まだお墓もないんですよ(・・;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。