いつも輝いていたい。

興味を持ち続けること。楽しい日々を過ごすこと。出来たらいいな~。

2011-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の準備

 9月から10月にかけては、ガーデナーにとっては春咲きの植物の種まきや球根の植えつけで
忙しい時期です。

 花好きの私も早春のあでやかな花の開花を楽しみたくて、植え付けの準備に取り掛かっています。
HCで球根類を見ているとあれこれと植えたい植物はありますが、あまり欲張っても管理も出来ないので
数点に絞って植え付けに挑戦中です。


 hl80.gif


 
 昨年、育てた水仙チューリップフリージャームスカリの球根は開花後、掘り起こして乾燥させておきました。

 水仙は球根の大粒は「東北水仙プロジェクト」に送り、小粒の分が沢山残っています。
多分、小粒は今年の開花は無理なので奈良の花畑に植えました。

 ムスカリチューリップは10月になってから植えることにして、フリージャーのみ9月23日に植えたのですが、
もう既に芽が出てきました。

 少し、芽が出てるのが確認できます。でも早くない?
P1050927.jpg

 
 植物は種から育てたほうが苗を買うよりずっと経済的です。
種を1袋購入すると品種にもよりますが、小粒の種ならかなりの数の苗を育てることが出来ます。
でも、私は苦手です。

 以前、園芸講座で種付けの仕方も教えていただき、挑戦してるのですが成功率は少ない。
夏咲きの植物の百日草、朝顔にいたっては発芽から開花までにいたったのは20パーセントに
過ぎません。どうも私にはむいてないようです。

 ビオラの種付けは昨年は大失敗してしまいました。
徒長しすぎてひょろひょろ。結局3本しか成長させることが出来ませんでした。

 今年も再チャレンジです。
種の植え付けの1週間前から種の袋を冷蔵庫に入れておき、植えつけたら5日で発芽しました。

P1050931.jpg

 市の緑化推進のボランティアでの種の植え付けは種を一粒ずつ種まきトレーに植えます。
ビオラのような細かい種はとても疲れます。
でも、市の花壇に植えつけるには一粒たりとも無駄に出来ないそうです。

 自宅の分はばらまき植にしました。
さてさて、どのくらい種が苗になり、成長して開花してくれるでしょうか? 楽しみです。


hl80.gif


 ベランダではこぼれ種からの成長、開花は年間数本しかないのですが、それでも
大きく成長し、開花するのもあります。
特に雑草は必ず成長してくれます。雑草の繁殖力旺盛さには驚かされます。


 実は、葉牡丹の種まきは8月頃に挑戦しましたが、虫に食べられたりして数本は残ってはいますが、
か細く成長するまでにはいたりそうにもないので、これも失敗。

 ところが、 

 葉牡丹の種を植える時、バラの鉢に落ちた種が成長し大きくなってます。
バラの土は栄養がいっぱいだったのでしょうか?
もう少し、成長したら植え替えあげます。

P1050934.jpg



 10月に入ったらチューリップの植え付けです。

年々ガーデニングの楽しさが増してきてるようです。


スポンサーサイト

秋晴れの一日

 「暑さ、寒さも彼岸まで」という言葉通り、朝夕はめっきり涼しくなりました。

半そででは少し寒く感じるほどの気温で、暑さも何処へやら??? 過ごしやすくなりました。

 
 台風15号も過ぎ去って、今年のお彼岸はとてもいいお天気でした。

実家のお墓参りに行ったおりに、臨済宗大徳寺派の「慈光院」に立ち寄りました。

「慈光院」は1663年片桐石見守貞昌(石州)が建立した寺院で、茶人として名をはせた

石州の演出が巧みに残されています。

それゆえ「慈光院」の境内全体が一つの茶席の風情になるように考えられています。


 寺全体を茶席として演出するための農家風の茅葺の屋根P1050910.jpg


 建物内は全体的に天井や鴨居の高さを低くしてあり、座敷に座った時にもっとも安らぎや落ち着きが
出るように考えられています。

 書院から眺める庭園の数十種類の木々を寄せ植えにした刈り込みが鮮やかです。P1050912.jpg


 お抹茶をいただきながら、静かなひと時を過ごした後、久々に実家に行きました。

兄夫婦はいつ行っても快く迎えてくれます。面倒見の良い夫婦で感謝しています。

 お土産に樹齢40年の栗の木の栗の実を戴いて帰りました。

 P1050902.jpg


  

 

コスモスの花

 秋を代表する花を選ぶとしたら、私は一番に「コスモス」をあげます。

 先週の台風12号の通過で奈良のコスモスの茎は倒れてしまって悲惨な状態です。
1週間たって、倒れたままですが、開花を向かえました。

 田んぼは刈り入れもすんでいました。秋風にそよぐコスモスが綺麗です。
 P1050869.jpg

 我が家のコスモス、もう何年前でしょうか?一度種をまいて以来、
毎年こぼれ種で勝手に生えてきます。

 花畑だけでなく、野菜畑、道路までいたるところに芽が出てきます。
ある程度は放任してたのですが、余りにも増えすぎたので今年は梅雨の時期に
数箇所にまとめて植えました。

 群生すると綺麗だし見ごたえあると思ったのが失敗。
台風でドミノ倒しの如く倒れてしまいました。

 かえって1本で咲いてる分のほうがしっかりしています。
P1050871.jpg

 倒れて枯れてしまったコスモスがあちこちに転がっています。
          P1050845.jpg

 コスモスも色んな品種があるようですが、我が家はピンクと白色しかありません。
DSCF1255.jpg

 お昼間は残暑が厳しい奈良の里ですが、朝夕はめっきり涼しくなりました。
冬の訪れの一足早い奈良の里では彼岸の頃がコスモスの花のピークです。
 P1050846.jpg


 また、次々と台風が日本列島を接近しています。
土砂災害、河川の氾濫、と各地で被害をもたらしています。

 これ以上の災害が出ないことを祈るばかりです。

 

ライフワーク

 9月19日は「敬老の日」。

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」らしい。
でも、「老人」なんて言葉は今は死後になりつつある。
最近は「高齢者」と呼ぶので、名称も変えたほうがいいかもしれないとひそかに思う。



 日本の高齢者の数は年々増加の一途です。
ちなみに高齢者とは65歳以上をさすそうです。

 
 高齢者と呼ばれるのも、あと数年先になってしまった私。
この高齢人生をいかに楽しく生きていくべきか? 今の私の課題でもあります。

 先日、図書館で佐藤慶女、著「60歳からをもっと楽しんで生きる。」と題する本を借りてきました。

冒頭に、

    自分を明るく励まし、とにかく実践を

 一日一読、一日十笑、一日百呼吸、一日千字、一日万歩 と書かれています。

 ●一日一読・・・一日にどんな本でも、新聞でも、活字を読むこと。

 ●一日十笑・・・一日心から笑う。笑いは脳の運動、筋肉の運動、内臓の働きを活性化する健康源。

 ●一日百呼吸・・意識して深い呼吸を一日100回する。

 ●一日千字・・・「手は第二の頭脳」字を書くことは脳を刺激し頭の回転をよくする。

 ●一日万歩・・・歩くことは健康づくりに欠かせない。1万歩にいかなくても歩きましょう。

   

  まずは、これから始めてみよう。 



秋の気配

 ここ数日残暑が厳しく、お昼間は汗びっしょりです。

先週は台風の影響で涼しかったせいか、暑さが一段とこたえます。

それでも少しずつ、秋の気配はあちらこちらで感じられます。



 ここのところ週の半分は奈良で過ごしています。

暑いといっても、風はさわやかですのでとても過ごしやすいです。

向こうはもう、すっかり秋の気配がそこかしこに感じられます。

 家の前の田んぼの稲は黄金色。台風で倒れています。
来週あたりから稲刈りが始まります。
P1050812.jpg


 花畑には田んぼがいたるところで飛んでます。
カメラにも気づかず棒にずっと止まってるトンボ。
P1050807.jpg


 ちょっと、あたりを散歩するとススキが揺れて秋の加配を思う存分味わえます。
P1050827.jpg


 主人がお寺の役をさせていただいてます。
私どもの菩提寺は行事ごとが多く、出かける機会もさいさんで畑仕事もままなりません。
 今夏も例年に比べて収穫も少ないし、世話が出来てない分なりも悪いです。


 私も、少しは農作業も始めようかと考えています。



 




初めての体験

 主人は病気に関してはすごく神経質で、少しでも異常があると早め早めに
病院で診察してもらうタイプです。

 私はどちらかというと痛くなるまで我慢して、我慢しきれなくなってから
病院に行くタイプです。


 近頃、お腹が痛くなったり、お腹が張ったりしていました。便が細いのも気がかりでした。
でも、定期的な直腸の便検査でも異常がなかったので病院に行くのをためらっていました。

 余りにも主人が「もしかして、手遅れになったらどうする? 
腸の検査をして異常がなければ安心するだろう? 」とうるさく言うもので。
決心して大腸内視鏡の検査をしてもらうことにしました。


                            


 検査の前日から検査用の食事をしなければなりません。
朝はおかゆと味噌汁。
昼はカロリーバーと缶紅茶、ゼリー
間食にクッキーと粉末ジュース
夕食はスープ

 これだけでは大食家の私はとても我慢が出来ませんが、辛抱です。 

 そして、検査当日の朝は絶食。

 朝9時に病院に入り、受付けや簡単な問診を済ませて
腸を綺麗にするために「経口腸管洗浄剤」2リットルを2時間ほどかけて飲みます。
味はポカリススエットに似てはいますが、まずくて吐き気がもよおしてきます。

 これが辛い。

 最初の1リットルは何とか飲めますが、残りの1リットルを飲むのがしんどい。
途中、だんだん便意がもよおしてくるのでトイレに頻繁に駆け込むし。
コップ1杯でさえ飲むのが苦痛で仕方がありませんでした。

 何とか2時間半をかけて飲み干し、いざ検査に。

 検査室に入ると検査医師が麻酔をしてくださるので全然痛みはありませんでした。
気がつけば終わっていました。
医師が結果を話してくださったのですが、麻酔が覚めないうちで意識が朦朧としていたので
詳しくは何を話されたのか覚えてないほどです。

「ポリープがあったのでとりました。」といわれたことは記憶があります。
後日 詳しく担当医に診察を受けて診断を聞きにお伺いします。

 
 直腸内視鏡検査自体は辛くないです。
でも、あの洗浄剤を飲むのは辛い。
誰か、もう少し美味しい味にしてくれないかな~~。


 私の初体験の「直腸内視鏡検査」の出来事でした。
 
 











 

台風の痕

 記録的な豪雨をもたらした台風12号の被害は如何でしたでしょうか?
新聞紙上によると紀伊半島はかなりの被害をもたらしたようです。
被害者の方々にはお見舞い申し上げます。


 
 自転車並みの速度の台風のために大雨をもたらし、土砂崩れの被害の可能性が
あるとの報道で私どもも心配で奈良に戻りました。

 奈良の家の裏は山でいつ土砂崩れが起こるか知れない環境にあります。
これまで数十年も何の被害もなかったので、心配すぎかもしれませんが、
これだけの大雨だとかなり地盤が緩んでいます。


 帰宅早々、家の周りを散策。
土砂崩れになるほどの被害はありませんでしたが、裏山に植えている
栗の木が倒れていました。
P1050786.jpg

 花畑の花は倒れ、悲惨な状況。
もうじき開花を迎えるコスモスは横倒しに倒れてしまってます。
P1050788.jpg

 家の中庭においてる鉢物も転がっていました。
つり鉢は落ちてしまって、せっかく大きくなった多肉植物もぐちゃぐちゃ。
P1050785.jpg


 これくらいの被害ですんだだけならラッキーかもしれません。


 ところが
 


続きを読む »

9月

 久しくブログを休んでしまいました。

気がつけば9月、初秋です。

少しずつ、思いつくままに書いていこうかと思います。

続きを読む »

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。