いつも輝いていたい。

興味を持ち続けること。楽しい日々を過ごすこと。出来たらいいな~。

2009-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告

 皆様シルバーウィークをいかがお過ごしでしょうか?
私はもちろんお仕事です。

 ここのところ仕事が多忙なことや雑事に追われてPCに向かう時間がとれず
皆様のところにお伺いできない状況にあります。

 時間が取れ次第お伺いいたします。
まずは近況報告まで。

img_1458557_59822784_4.gif
スポンサーサイト

花の寺

 奈良に帰省するときはほとんど高速道路を利用します。
高速道路だとすいていたら1時間で帰ることができます。
今までは2週間に1度程度の帰省だったので、高速利用でもよかったですが、
最近のように頻繁に帰省すると高速料金も馬鹿になりません。
往復で2600円もかかります。

 時間があるときは地道を利用することにしました。
しかし、時間は2時間はゆうにかかります。
いろんなコースがあるんですが、今回は生駒山を越えて、
奈良市外を通る道にしてみました。

 道すがらコスモスで有名は「般若寺」を通ります。
境内には10万本のコスモスが植えてあって、多くの観光客や
シーズンにはカメラマンでにぎわいます。

 残念ながらコスモスはまだちらほらしか咲いていませんでした。
DSCF1187.jpg

 満開に咲くと石仏との調和が見事なんです。
DSCF1199.jpg

 境内にある十三重の石塚 重要文化財です。
DSCF1189.jpg

 コスモスがまばらに咲いてるだけ。
DSCF1202.jpg

 見ごろは9月末から10月にかけてらしい。
満開のころにはお寺がライトアップされるそうです。
「般若寺」
  満開の時の写真はこんな感じです。クリックしてみてください。

 ついでに花の寺として、これもまた有名な「白毫寺」によってみました。
境内に植えてある「五色の椿」は天然記念物に指定されています。
時期柄、開花は見られません。木もとり損ねました。

満開のころの映像を探してみました。
   (クリックしてご覧ください。)

  このお寺はとても古くて土塀ははがれててそれもまた味わい深いのですが、
今は萩の木でまったく見えません。
の花も残念ながら咲いてません。
DSCF1210.jpg

 境内に入ると、ススキが植えてあって何とか秋の風情を感じます。
DSCF1214.jpg

 
 「花の寺」はやはり花が見ごろなときにいくのが一番です。


 




もう、秋。

 季節はすっかり秋模様になってきました。
朝夕はめっきり涼しいというより、寒いという感覚です。
短かった夏も終わり、秋を迎えようとしています。

DSCF1066.jpg

義両親がなくなった後、そのままになっていた奈良の実家。
住むためには雨漏りと、床のきしみと壁の補修だけしないわけにいかず、
仕方なくはじめた補修工事ですが、やり始めると欲は尽きないものです。

 屋根の修理と床板の張替えがすむと、今度はせっかくだから畳も代えたい、
建具も新調にしたい、となると柱も、、、
次々と欲が出てきます。
 さすが柱までは代えられないですが、今はとても便利になっていて、
従来の柱に薄い板を貼り付けるとまるで新品の柱のようになります。

 まるで、新築したかのように生まれ変わったぼろ家を見ると
余生を過ごそうかという気になってきました。

 補修工事を始める前まで、義両親の名義のままだった家の名義を正式に
主人名義に済ませました。
すると不思議ですね。今までずっと親の家という認識しかなかったのですが、
自分たちの家、という意識になって愛着もわいてきました。
そんなわけで頻繁に奈良に帰省する回数も増えてきました。

 それとは逆に大きな問題が増えてきました。
当初の予定とは大幅に変わった補修工事のために多額の費用がかかってしまいました。
老後にと貯金していたお金も瞬く間に消えていってしまいました。

そんなわけで まだまだ田舎に引きこもってるわけにはいきません。
あと、数年働かないとだめなようです。
当分は奈良と大阪の往復になる生活のようです。

 家の近くにある田んぼの様子です。のどかです。
DSCF1113.jpg

 田んぼの稲も黄金色になって頭をたれています。
DSCF1119.jpg

  
  


 


 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。