いつも輝いていたい。

興味を持ち続けること。楽しい日々を過ごすこと。出来たらいいな~。

2009-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五箇山合掌集落

 早いもので夏も終わりに近づき朝夕がめっきり涼しくなってきました。
虫の音が聞こえだすと秋の訪れを感じます。

 PCの故障で気が緩み、何か不完全燃焼で夏が過ぎ去っていくようです。
7月の終わりに訪れた富山県『五箇山合掌集落』。
とても素敵な観光地でした。ご紹介します。


  世界遺産の村:五箇山合掌造り集落 
  
    富山県の南西部に位置する五箇山。
   この地域は日本有数の豪雪地帯として有名で、雪から家を守るために
   傾斜の急な大きな屋根を持つ合掌つくりの家屋が生まれました。

   深い山里の集落にたどり着くとここだけ違う時間が流れているかのような
   情景が目に入ります。まさに日本の心のふるさとです。

  平成7年に独特の文化を今に伝えるものとして世界遺産に登録されました。


のどかな田園風景にたたずむ合掌つくりの集落
DSCF0803.jpg

かやぶき屋根と青々とした田園、心が落ち着きます。
DSCF0800.jpg

集落にあるお寺もかやぶき屋根で作られています。 
DSCF0804.jpg

五箇山地方の雪は湿気が多く重いので少しでも屋根から雪が落ちるよう勾配が急になっています。
DSCF0805.jpg

真冬は雪で覆われるこの地方もさわやかな風が吹いてますがやっぱり暑かったです。
DSCF0806.jpg


私が訪れたときは田んぼの稲も青々としていましたが、そろそろ稲穂が実り、
トンボが飛び交い秋へと変化していくのでしょう。

 短い夏が終わり、山々の木々が色づき始めると長い長い冬の到来となります。
真っ白な雪で覆われた合掌集落も見てみたいものです。


スポンサーサイト

伊豆の旅

 久しぶりの日記です。大変ご無沙汰してしまいました。
パソコンとネットをつなぐ回線の故障でPCがあけられずお手あげ状態でした。
そこに向け私のPCが調子が悪く使えなくなったりして少しネットタイムから遠ざかっておりました。
私のPCは修理に出しているので今は息子のPCを借りての書き込みです。

     *~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~

 私がこよなく愛する劇団の追っかけで静岡県の沼津まで行ってきました。
公演はほとんど夜なので、いつも会場周辺に宿泊します。
せっかく遠出するのでたいがい、次の日は観光地を回ってきます。
こうして劇団の公演の追っかけの傍ら旅をするのがここ数年の楽しみとなりました。
今回は伊豆方面に足を伸ばしてきました。

                        

 伊豆といっても広いですが、伊豆半島の左上部に当たる「伊豆長岡」  
三島から伊豆箱根鉄道にのって「伊豆長岡」駅まで。
そこからバスに乗って「かつらぎ山パノラマパーク」に向かいました。
山の頂上まではロープウェイを利用します。
DSCF0854.jpg

 ネットで調べたところ山頂からは富士山がきれいに見えるようでした。
天気のよい日はさぞかしきれいなんでしょうが、残念ながら上空は雲に覆われ、
かすかに雲の間から富士山のてっぺんが見えてます。
DSCF0874.jpg

 かつらぎ山の展望公園はちょうどゆりの見ごろです。
山の斜面にゆりが植えてあって満開に咲いていました。
DSCF0873.jpg

DSCF0866.jpg
                     DSCF0863.jpg

ゆりの品種をメモってきたのに捨ててしまったみたいです。
ご存知の方があれば教えてください。

 頂上にはかつらぎ神社と百体地蔵尊がありました。
お地蔵様には願いを書いた赤や白の生地が着せられています。
DSCF0860.jpg

 平日でしたがも夏休みのせいか家族連れがたくさんこられていました。
ハイキングコースにもなっているのでご年配のハイカーの方も多かったです。


  伊豆といえば温泉です。
 近場でいい日帰り温泉がないかロープウェイのお土産屋さんで教えてもらい温泉に行くことに。
少し高台にある旅館を紹介してもらいたずねてみました。

 日帰り温泉、浴衣とお風呂セットがついて1500円。しかもフリータイム。
ちょうどお昼時に行ったので、宿泊客もチェックアウトをしている時間帯だったので
お風呂には誰もいません。貸切状態。

DSCF0875.jpg

DSCF0876.jpg


思い存分お風呂につかりのんびり。
                   しあわせ~~ 

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。