いつも輝いていたい。

興味を持ち続けること。楽しい日々を過ごすこと。出来たらいいな~。

2009-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏山にて、

 奈良の家の屋根の修理を思ったより早く着工することになりました。
どうやら依頼していた工務店がこの不景気で、仕事のキャンセルなどがあって、
暇なようなので、修理の時期を早めてきました。

 仕事中は私どもが留守になるわけですが、信頼してお任せすることにしました。
とはいえ、私どもも気になるので頻繁に様子を見に行くことになると思います。

 昨日、どうなってるのか気になるので帰省してきました。
工事はやり始めると早いです。
すでに屋根の部分は取り壊されていました。
正直今回の工事に関しては私はあんまり乗り気ではなかったので一切ノータッチです。

 *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 私はのんきに裏山に遊びに行ってきました。
結婚して30数年以上になるのですが、この裏山にこんなに野草たちがが生えてるなんて
知らなかったのです。

 普通のご家庭でも咲く『ユキノシタ』DSCF0104.jpg

 『ニガナ』:葉や茎を切ると粘り気のある液がでて、なめると苦いのでこの名がついたとか。DSCF0124.jpg

 『マツバウンラン』
紫がかった薄い青色のごく小さな花が細く伸びた茎のうえに数個咲きます。
群落をつくるとまるで青いベールをまとったように見えます。
 DSCF0126.jpg

『野アザミ』:アザミは通常秋に咲くらしいが、野アザミは夏に咲きます。 DSCF0138.jpg
 
『やまぶき』:
蕗に比べて細くて少し固いですが、佃煮にするとおいしいです。          
DSCF0108.jpg

 裏山からはのどかな田園風景が見渡せます。
手前にブルーシートをかぶせた工事中の我が家も見えます。
 DSCF0130.jpg

  自然がまだまだいっぱい残ったいいところです。
 でも、住むとなるとやはり考えてしまいます。

 
スポンサーサイト

憩いのひととき

 ただいま関西地方は新インフルエンザーの流行で大パニック中です。
1週間が過ぎ、少しは収まってきているとはいえ、電車の中、街でもマスク姿の人の多いこと。
私が勤務するスーパーでは全従業員マスク着用です。

 小学校、中学校も学校閉鎖中。
街中は普段に比べて人通りも少なくなっています。
いろんなイベントは中止になるし、関西への旅行客のキャンセルも相次いでるようで
経済状態が悪化するばかりです。

 この騒ぎは私にも少なからず影響を及ぼしています。
仕事がオフのときは映画やスーパー銭湯に行って疲れを癒したりしたいところですが。
さすが、人だかりはついつい遠慮してしまいます。
仕方がないので車でその辺をドライブしてきました。

 目的もなくドライブするのは普段から大好きです。
そして運転中に目にとまった「こじゃれたお店」でのコーヒータイムが楽しみなんです。

                        

 今日も運転中におしゃれなお店が目に留まりました。
店の看板を見ると、なんとテレビにもたびたび紹介されている『MADAME SHINCO』

DSCF0523.jpg

中は喫茶室とケーキや焼き菓子などのショップになっています。
喫茶室のテーブル席はさほど多くもなく、何処か派手さばかりが目立つ雰囲気です。
私の好みではありませんが、お店の雰囲気としては悪くはないと思いました。

  日替わりのケーキセットをオーダーしました。 

      ケーキとマカロンがセットのスィーツ
DSCF0525.jpg

DSCF0526.jpg  ラズベリィーと苺の甘酸っぱいお味.

DSCF0530.jpg コーヒーカップもメルヘンチック

DSCF0527.jpg
何よりもシュガーポットが素敵。 横のハイヒールは携帯置きらしい。


img_843279_21118154_12.gif

  
  感想としては恋人とデートにはふさわしいお店かな。
おば様のおしゃべりはちょっとにあわない雰囲気のお店です。

 お土産に焼き菓子を購入しましたがきれいにラッピングしてくださりサービスは満点。
何よりも定員さんの品のある応対と笑顔がとてもいい感じでした。

新緑の頃

 空き家になっている主人の実家がぼろ屋敷となり、雨漏りがしそうな雰囲気です。
急遽本格的な雨漏りになる前に屋根を修理することになりました。
屋根を修理するついでに、室内も少しリフォームしてもらうことにしました。

 それに先立ち室内の荷物を整理することになりました。
この間からかたづけをしようと思っていた矢先だったので、ちょうどいい機会です。

主人はゴールデンウィークの間、ずっと奈良に帰省し片付けてくれたおかげでだいぶ整理が
出来ました。
なんと3畳ほどの物置小屋は捨てる荷物で満杯になりました。
聞くところによると市の清掃センターに持ち込んだら処理してくれるということなので、
仕事を休んで二人で奈良の清掃センターに捨てに行ってきました。
なんと大型トラッツクに食器類、本、古着、不要な台所用品、etc満杯になりました。

 DSCF0550.jpg
  ○○市のごみ清掃センターです。

 市の清掃センターにつくと、受付を済ませ、それぞれ分別の指示通りのところに車を進め、
燃えるごみ、燃えないごみ、再生ごみのそれぞれの指定の場所で捨てていきます。
初めて行きましたがごみを持参する人が多いのには驚きました。
車は長蛇の列で順番待ちの状態なんです。

 清掃センターでは市の収集したごみ清掃車も順番に捨てていきますから
それはそれはすごいごみの山に驚きます。
いくら粉砕されるとはいえ、この先日本はこのごみの処理に限界が来る時代が来るで
あろうと思うとゾッとしてしまいます。

                           

 清掃センターに向かう途中の山あいの森は新緑に彩られ鮮やかな緑が目に入ります。
山々には満開の山藤がいたるところに茂っていて写真を撮りたくなります。
(いつでもどこでもコンデジは持参しています。

 DSCF0553.jpg

 

   

DSCF0562.jpg
  山ツツジもひっそりと咲いていました。 

新緑の山あいの道の思いがけない花々の遭遇にとっても感動。
また、車を走らせているとブログ仲間のmikoさんのブログで見かけた花が目に留まりました。
またまた、車から遠くに見える花をパチリ。

DSCF0561.jpg

 自宅に戻って調べてみるとツクバネウツギのようです。(クリックすると見られます。)
花が終ると花弁が落ちてガクがちょうど羽のように見えるのでこの名前がついたようです。

 主人の実家はまだまだ山あいの田舎にあって、自然がまだまだ残っています。
空気も良いし、緑もいっぱい。
ただ、住むにはかなりの覚悟が必要です。


 




箕面の勝尾寺

 大阪平野の真北にそびえ、数千年の昔より山自体の持つ霊力によって聖地とされてきた勝尾寺。
西国23番札所であり勝運の寺としても有名です。
勝尾寺までの山道が私の快いドライブコースとなります。
新緑と石楠花を見るために出かけてきました。

 箕面の勝尾寺 (クリックするとHPが見れます。)
DSCF0467.jpg

この勝尾寺は当山の祈願力には時の朝廷も及ばなかったことから、
勝運信仰の歴史をたどっており、勝負の勝ち運、
成功などのサクセスの願い事に勝尾寺の「勝ダルマ」を授かり勝つ運をつかんだ人の
数は計り知れないらしい。

 奉納されたダルマの数々DSCF0484.jpg

また、このお寺は四季折々の花を楽しむことが出来ます。
広大な敷地に春は桜、ちょうど今頃は全山石楠花に彩られ、また6月は紫陽花
秋の紅葉の頃は山全体が真っ赤に染まります。
最近は敷地のお庭もリニューアルされてクリスマスローズなどが植えられていて驚きました。
冬もお花を楽しめるというわけです。

DSCF0470.jpg

多宝塔までの階段の両側に石楠花が咲いて、参拝客を迎えてくれます。
厳かなたたずまいの中にひときわ明るい花と降り注ぐ木漏れ陽に心が清められます。
残念ながら満開には少し早かったようです。

DSCF0478.jpg

 色とりどりの石楠花が咲いています。
DSCF0469.jpgDSCF0501.jpg

DSCF0506.jpg


参拝客がお守りに購入したダルマをあちらこちらに供えていきます。
DSCF0510.jpg

年末の31日、元旦は初詣客でごった返す勝尾寺ですが、今は人も少なく思う存分新緑を
楽しむことが出来ました。
 

バラの季節

 5月といえばバラ。バラの季節です。

とはいえ、悲しいことに私が家にはバラはございません。
どうしてもバラを育てることが出来ないでおります。
何故、バラ愛好家の方があんなにお上手に咲かせられるのか不思議でなりません。

 さて、今年も例年のごとく茨木市にある若園公園にバラの鑑賞に行ってまいりました。
よろしければ昨年をご覧ください。

  若園公園
  DSCF0375.jpg

今年は満開のいい時期に訪れたのでバラはとてもきれいに咲き誇って最高でした。
毎年訪れていてても全部を見られていないのか?印象に残っていないのか?
「こんなのが前からあったのかしら?」と思うようなのもありました。

ルイ・ドゥ・フューネ  
DSCF0317.jpg

       花霞
 DSCF0334.jpg

    シャルル・ドゥ・ゴール 
DSCF0381.jpg

  ゴールド・バーン DSCF0432.jpg

          

 毎年見るたびにお気に入りは変わります。
甲乙つけがたいのですが昨年に続き今年も一番お気に入りは「ロココ」でした。

DSCF0424.jpg

 そしてプリンセス・ドゥ・モナコ DSCF0396.jpg

  やっぱりバラはええわ~~~。


京都植物園 Ⅱ

 大型連休も終ってしまうとあっけないものです。
私の場合は仕事と片づけで終ってしまいました。
後日お休みをいただいたら何処かに出かけることにします。

                      

 私は花が大好きで最近出かけるところといえば植物園が多いように思います。
旅行に行っても必ず現地の植物園を訪れることにしています。
植物園でやはり規模的に大きかったのは京都府立植物園のように思います。

 京都植物園で見かけた、私が今まで見たことがなかったお花を紹介したいと思います。

 ステフティア・クリサンタ
P1020144.jpg
 ブラジル原産の常緑低木
橙黄色の小花が集まってそれぞれ黄色の冠毛を伸ばして咲きます。

 ムサ・ロサケア
P1020147.jpg

 バショウ科バショウ属の常緑多年草。原産は中国、インドネシア

 デンドロビウム・スミリアエ
 DSCF0059.jpg
 パプアニューギニアの海抜500メートル以下のところにある熱帯雨林の森林内で
樹木や幹や胴などに着生して生活する原種ラン。

ケリンテ、和名:キバナルリソウ DSCF0093.jpg

 
 このほかちょうどチューリップが満開に咲いていました。
私が今まで見かけたことのないような品種がいっぱい.。
その中の一部分のご紹介です。
 
 ブラックパーロット  DSCF0110.jpg

フレミングパーロットDSCF0112.jpg

ブルーダイヤモンド
DSCF0117.jpg

  もっともっと紹介したいけど、長くなるのでこのへんで。
 お付き合いありがとうございます。


 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。