いつも輝いていたい。

興味を持ち続けること。楽しい日々を過ごすこと。出来たらいいな~。

2009-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偶然の出会い

 私どもには現在住んでる大阪のマンションのほかに、奈良にもう一軒家があります。
セカンドハウスと呼ぶには程遠い、ぼろ屋敷です。
 義父の他界後、義母が一人で暮らしていましたが、病弱だったこともあって、一人ではほっておけないので大阪に引き取り、3年同居しましたがその義母も他界し、奈良の家を私達夫婦が相続したわけです。

 周りが立派なお屋敷のようなお家が立ち並ぶところに貧弱な家がポツリと建っています。
貧乏だった義両親にとってはかけがえのない立派な家だったわけです。
田舎では広いがとりえで間取りの悪い設計のお家がほとんどです。
そんな中でこの家はとてもとても狭い坪数ですが合理的な設計になってます。
おしゃれだった義母の意見がかなり取り入れられたらしく、田舎にはない、
おしゃれな間取りになってます。
しかし主もなくなり、今はぼろ屋敷と化しております。
正直、こんな家に住みたくないくらいの状況になっていますが、
主人は毎週といっていいほど帰省し、ぼろ屋敷の管理と周りの畑にいそしんでおります。

img_984895_21847011_5.jpg

 さて、話は変わって

 先日大阪、梅田に所用で出かけました。
お昼ご飯を食べようと、所用先の近くのレストランに入りました。
そこには初めて入ったのですが、オーガニックのお店で
『あなたのカラダと地球を変える』
コンセプトにしたお店でした。

 DSCF0817.jpg

 お店の中に入ると入り口付近に野菜やコメが並べられています。
大根や白菜、お茶、そして『菊芋』などが販売されていました。
 DSCF0814.jpg

 お店の前ではお餅つきまでやってます。 
 DSCF0822.jpg


 食事をしながらパンフレットを読んでみるとなんと、奈良の家のほんの近くで作ってられる方
(今まで面識はありません。)がたまたまこの日に宣伝販売でお見えになってたんです。
あんまりにも奇遇な出会いにびっくりしてしまいました。
しばらくお話ししてしまいました。

 元々、大阪の生まれの方のようで、高校、大学と農業を勉強され、
北海道や三重などで農作業をしながら自然との暮らしをされ、
2年ほど前に奈良の休耕田を借りて農園をされているようです。

 たまにしか奈良には帰らないのでお顔を存じ上げてはいなかったのですが、
とってもうれしくて帰省する楽しみが増えました。

 DSCF0815.jpg

 出来上がったお餅を試食させていただいて、「今度、一度農園にお邪魔しますね。」
と約束までしてしまいました。

 不思議な出会い、でもなんかお近づきがあるような予感がしました。 
スポンサーサイト

ラ・カージュ 

 私が応援する劇団『ふるさときゃらばん』に10年間在籍し、退団後単身、ニューヨークでダンスや声楽を学び、帰国後いろんな舞台で活躍されている芸名:多岐川装子さん。
彼女が劇団に在籍されてた頃からのファンで仲良くさせていただいてました。

 出演される舞台が大阪で公演の折は必ず観劇する事にしています。
チケットはいつも彼女に依頼するので出演者枠のいい席を確保してくれます。

 今回の公演は『ラ・カージュ オ・フォール』
鹿賀丈史さんと市村正親さんの名コンビのコメディミュージカル。


 DSCF0836.jpg

 物語
 物語の舞台は南フランスのサントロペ
 ゲイクラブを経営するジョルジュ(鹿賀丈史)と看板スターザザ(市村正親)とは同棲中
ザザは一人息子を母親代わりに手塩に育ててきた。
 溺愛する息子(山崎育三郎)が結婚宣言し、愛する女性(島谷めぐみ)と
その両親(今井清隆、森久美子)を連れて紹介するために二人に会いに来ることになった。
なんと、彼女の父親はゲイクラブの撲滅を図る有力代議士。
二人の結婚の行く末はどうなるのか???


 舞台上でゲイクラブのステージショーの場面が出てきますが出演者がすべて男性で
女装して踊ります。
女性顔負けの化粧とスタイルでダイナミックに踊り、演じる場面はとても面白くて
笑ってしまいます。
振り付けは松ケンサンバを振り付けした「真島茂樹」さん、ご自分もゲイに扮して出ておられます。

 とにかく面白くて楽しいミュージカルです。
観客も歌のシーンは手拍子をとってステージを盛り上げ、
至るシーンで拍手喝采が続き、笑い声もあちこちで巻き起こります。

なんと最後のフィナーレはアンコールに答えて5回もカーテンコールがありました。

 img_1113321_20739578_3.gif


 こんな大きなステージに脇役だけど、名だたる俳優さんに混じって元気に
活躍されてる○子さんを拝見すると輝いて見えます。
笑顔がとても素敵で、主役に負けないくらいの存在感があります。
私はファンとして大舞台で活躍されてることをとてもうれしく思っています。
これからも舞台俳優として大きく羽ばたいてほしいと願っています。

 この公演が終ると次の公演が決まっているとか。
まだ、日程が定かではないんですが大阪でも公演があるようなので楽しみが増えました。
 
 img_843279_21118154_12.gif


 


 

(財)堀江オルゴール博物館

 私は昔からオルゴールの音色が大好きでした。
なぜかしら惹かれるんです。
高校生の頃の誕生日プレゼントはオルゴールが多かったように記憶しています。
旅に出かけると、当地のオルゴール館を訪ねるのを楽しみにしています。

 オルゴールといっても大きく分けて、円筒にピンを取り付けたシリンダー・オルゴールと、
円盤にピンを取り付けたディスク・オルゴールに分類されます。
たぶん普通の方はシリンダーオルゴールをオルゴールとお思いかも知れないけど、
その昔はディスクオルゴールが主だったそうです。
ところが蓄音機なるものが発明され、ディスクオルゴールが衰退し、今はオルゴールといえばシリンダーオルゴールが代表のようになってしまっています。

 日本各地にディスクオルゴールを展示してるオルゴール館はたくさんあります。
私がかって行ったのは神戸六甲にある『ホールオブザ六甲』、河口湖にある『オルゴールの森』そして倉敷にある『倉敷オルゴール館』今回、兵庫県西宮市にある『堀江オルゴール博物館に行ってきました。
  (堀江オルゴール館、クリックしてください。詳細が記載されています。)

 DSCF0667.jpg
 
 この(財)堀江オルゴール博物館は(故)堀江氏が世界各地を訪ねて、収集されたオルゴール330点が保存されています。
現在は財団法人として収集されたオルゴールを邸宅で一般開放されています。
3階建てのすばらしい建物にはそれはそれは驚くばかりのオルゴールが展示されています。
一日3回オルゴールの音色を聞かせてくださるコンサートつきです。
しかもプログラムは毎月変わります。
1年間通いつめるとここのオルゴールを全部楽しめるプログラムになってます。

 1階のロビーにはとてもすばらしいオルゴールが展示されています。
 DSCF0668.jpg
 オルゴールの音色と共に人形が動きます。すごいびっくりするほど大きな音色です。
ちょっとパイプオルガンみたいな音色かな?

 DSCF0669.jpg
 ディスクジョッキー風で近づくと、オルゴールが鳴ってダンスを始めます。

 DSCF0676.jpg

 DSCF0680.jpg
 たぶんセンサーで人が近づくと作動し音がなる仕掛けになってると思います。

 DSCF0684.jpg
 これは手動で奏でるオルゴール、力の強さや速さで音色が変わります。

 2階、、3階にも世界のオルゴールがありますが撮影は禁止でした。
窓が片側一面がガラス張りで窓から神戸港が見渡せます。
お庭には数々の木々や花々が植えられています。
春と秋にはお庭も一般公開してくださるそうです。
残念ながら冬場は枯れ木なので閉鎖中でした。

 良くぞこんなに個人で収集されたと驚くばかりです。
かなりセレブだったのでしょうね。
しかし、こうやって一般公開してくださって見せていただけるのは幸せなことです。
たぶん、日本ではここが一番大きいんじゃないかと思います、
まさに珠玉のコレクションの数々です。
あんまり宣伝もされてないのですが、口コミでこられるのかたくさんの方が来館されてました。

 このオルゴール博物館の周りはどうやらセレブの方々がお住まいのようでお家の立派なこと。
門ペイやテラスを凝ったつくりにしたお家やお城のようなデザインのお家など、
とても普通のサラリーマンでは買えそうにないお家ばかりでした。

 思い切り和やかで心が温まる音楽を楽しみ、目の保養をさせていただいてきました。 
 

十日戎

 1月10日は《十日戎》 

一月十日は『十日えびす』といって年の初めの商売繁盛を祈願する祭事のことで、.
関西では『えべっさん』と呼ばれていて,9日は宵戎、10日を本戎、11日を残り戎と呼び、
恵比寿様をお祭りします。

恵比寿様は「七福神」の中の一人で、釣竿と鯛を両手に持って微笑んでいる神様です。
遠くの海からやってきて人々を幸せにする神様だといわれ、商売繁盛の神、福の神として
親しまれています。

 昨年、初めて会社の近くの『高浜神社』おまいりしました。
恵比寿様は『商売繁盛』の神様ですので、お商売をされてる方が多く参られます。
『家内安全』も見ていただけるようですので、福笹を購入して飾っていました。
おかげで昨年は家族はたいした病気にもならず、元気に1年を過ごさせていただきました。
そのお礼に今年も行ってまいりました。
 
 DSCF0713.jpg
  会社の近くの高浜神社 お得意さまでもあります。
 毎年参拝者のくじ引きの景品の福袋の品を当店で購入してくださいます。

 DSCF0711.jpg
  鳥居の柱に飾った福笹です。色んな福笹が販売されています。

  大不況の年ですから、商売繁盛を願って多くの人たちが神社を訪れていました。
少しでも景気が回復することを願っています。

ウェッジウッド Ⅱ

 ウェッジウッドの特別展に行った翌日に、まさかウェッジウッド社の倒産の記事が新聞紙上をにぎわすとは想像もしていませんでした。ほんとに驚いてしまいました。

 さて、会場の兵庫陶芸美術館ですが、篠山市にあります。
この周辺は立杭焼きの「陶の里」としても有名らしく、行く途中に陶芸のお店が点在していました。

おそらく山をつぶして建てられた雰囲気で山の斜面を利用した建築設計ですぐ裏に山が見えます。

 DSCF0656.jpg

 DSCF0655.jpg
   茶室もあります。


 小さな敷地の庭もあってボランティアの方々が木の手入れをされてる様子でした。
春にはきっと花々が芽を出しきれいな庭に変身するのでしょう。

 DSCF0651.jpg

DSCF0654.jpg
 ふっくらつぼみをつけています。

 陶芸美術館をあとに車を走っているとタレントの「大村崑」さんの村がありました。
そういえばずっと以前に週刊誌で丹波の篠山の暮らしぶりの写真を見たことがありました。

HPで検索してみました。クリックすると「崑の村」が見られます。


DSCF0658.jpg


 篠山市の隣の三田市は三田牛で有名です。
「三田屋」はとても有名で関東にもステーキのの店があるんではないでしょうか?

 帰る道すがらあちらこちらに牛肉や焼肉のお店がありました。
このあたりはゴルフ場もたくさんあって、主人がよく行くので地理に詳しく焼肉のおいしいお店を
予約してくれました。
何でも予約をしておかないと食べられないくらい人気があるお店とか。

 DSCF0665.jpg
   焼肉定食:1050円 おいしかったです。
  
 

 高速で走れば1時間くらいで行ける距離にある山里。
春にもう一度訪れたいと願いながら家路につきました。

                                
 

ウェッジウッド

 年末年始の勤務を無事終えやっと休みを取得することが出来ました。
例年も勤務なのですが今年はとりわけ忙しかったように思います。
人件費の削減で従業員数が減っていること、私自身の体力、気力、知力の低下。
そして売り上げをあげるために今年は千本引きのくじ引き夢大会が企画されました。

 参加費1万円でテレビ、ビデオ、旅行券、ガソリン代、などなどの景品が当たる夢くじ大会。
はずれでも当社の商品券1万円。
決して損はしない。おまけに商品があたれば儲けものです。
さすが開店前から長蛇の行列でした。
不況と言われている折でもあり、夢を求める人が多いんでしょう。
外れた方は早速商品券で買い物されていきますから、店側としても売り上げが伸びるわけです。

 こうして3が日多忙な毎日でした。そしてやっとお休み。

 img_843279_21118154_11.gif


 昨日はお天気もよかったのでドライブがてら兵庫県にある陶芸美術館に行きました。
新聞で「ウェッジウッド」の陶芸展の開催が記載されていました。
私はあんまり陶芸に詳しくはありませんし、さほど感心もあるわけではありませんが、
「ウェッジウッド」の名前くらいは知ってますし、テーブルウェアーは興味があります。

 兵庫陶芸美術館はまだ開館されて3周年で真新しい会館でした。
丹波の篠山市にあります。
篠山市といえば関西の人は猪も出るかなりの山の中を想像します。
しかし昨今はかなり道路も整備され田舎のイメージはほとんどありません。

 DSCF0646.jpg
 陶芸館らしく庭のあちこちに陶芸品が置かれています。

DSCF0637.jpg
     ポートランドのつぼ

 英国を代表するウェッジウッド社は工場を開設してから250年を迎えるらしく、名品250点が展示されています。
さすが英国ご用達の称号を与えられるほどの数々の作品は目の保養になりました。
当然写真撮影は禁止ですのでパンフレットより記載しました。


販売もされています。そこは写真OKでした。
DSCF0643.jpg

 DSCF0644.jpg

 とても私には手の届かない商品ですので作品の絵葉書だけ求めました。

                                    続く
 



 


 

迎春

               img_1082384_22009548_11.jpg

                  あけましておめでとうございます。

              
                昨年は大変お世話になりました。
            

            今年もどうぞよろしくお願いします

              

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。