いつも輝いていたい。

興味を持ち続けること。楽しい日々を過ごすこと。出来たらいいな~。

2008-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮古島

  私がこよなく愛する劇団の沖縄公演の千秋楽地である、宮古島公演を観劇するためにはるか沖縄本島から南西約300kmの宮古島に行ってまいりました。昨年の石垣島に続いて沖縄離島への追っかけです。

 私が到着した1月26日は、現地は気温20度、あいにくの天候で雨が降ったりやんだりのお天気でした。
それでも本土に比べれば暖かい春の気候でした。

 宮古諸島は大小8つの有人島で構成され、総面積は164平方kmで、沖縄本島の約13分の1くらいです。人口は総合計で約56000人。
そのうちで一番大きい宮古島はオリックスのキャンプ地やトライアスロンの会場としても有名な島です。


 ホテルに到着後、島の観光に行きました。
まず「前浜ビーチ」
東洋の白い砂浜”がキャッチフレーズで、純白の砂浜が延々と続き、
さまざまなマリンスポーツが楽しめるところです。

     DSCF6294.jpg


 晴れていたらエメラルドの海が楽しめるところなのにとても残念でなりません。それでも本土の海に比べることができない美しさです。

ビーチのはるか彼方には宮古本島と来間島をつなぐ『来間大橋』を望むことができます。
全長1690mの橋で総工費92億で建設されたそうです。
    
          DSCF6299.jpg

   
  
 島の約6割がサトウキビ畑というほどで、バスからもいたるところでサトウキビ畑を見ることができます。
この大橋も収穫したサトウキビを運ぶために建設された農道橋です。

 島の平均気温は23度、湿度79%の亜熱帯気候ですから年中ハイビスカスブーゲンビリアが咲き乱れ、訪れる観光客を癒してくれます。

          DSCF6371.jpg


                                     DSCF6303.jpg


 桜も咲いています、寒緋桜という品種だそうです。 色が濃いピンクです。
 
        DSCF6343.jpg



   ********

 沖縄といえば三線が有名です。あの音色はなんともいえません。
そこで島人体験で三線を習うことにしました。
40年経験を持ち『心で指導する』をモットーにたくさんの生徒を育てている『重信民謡三線』のベテランの先生にご指導いただきました。

わずか60分で何とか『咲いた,咲いた』が弾けるようになりました。
なんと修了証までくださいました。
      DSCF6314.jpg

  
                             DSCF6320.jpg

               
 夜は島唄居酒屋『ぶんみゃあ』で三線の名手による極上のライブ。
「ゴーヤチャンプル」や「宮古そば」「島ラッキョウ」などの郷土料理を食べながら三線の音色を楽しみました。
また、三線の演奏で沖縄民謡を口ずさんだり、踊ったりと盛りだくさん。
リーズナブルな価格で宮古島の夜を思う存分満喫することができました。
            
         DSCF6328.jpg

 
  
                                        続く
 



スポンサーサイト

箕面の森

 私のお仲間のおうちにお邪魔してきました。
隣町の箕面市にあります。自宅からは車で行けば20分くらいで行けます。
箕面市は「もみじ」でとても有名なところです。
お仲間は当地の古くからお家で近くにある瀧安寺の山伏として修行されていて、寒いのにお寺まで案内してくださいました


 箕面の瀧安寺は箕面公園の中にあって、全国から修験僧が訪れこの地で修行した由緒あるお寺です。また宝くじの発祥地としても有名だそうです。宝くじ(当時富くじ)は安土桃山時代に始まったと言い伝えられています。
 
             DSCF6164.jpg


 秋には紅葉が真っ赤に染まる山の中に囲まれた静かで厳かなお寺です。境内も広くいまだに当時の面影を残す名刹があって、訪れる人を癒してくれます。
 なんといっても秋に開催される山伏行列や大護摩供は見所のようです。

(ぜひ、その頃にもう一度訪れて拝見したいと思いました。)

                            DSCF6165.jpg

      
 底冷えのする日でしたが、熱く語ってくださるお仲間の説明と歴史あるお寺の荘厳さ、深山の景色と朱の橋の見事な調和に心が熱くなりました。

        DSCF6166.jpg


箕面川の側道沿いには、箕面の森に住む親子ずれのお猿たちが多数遊んでいました。

                DSCF6179.jpg

                えさがないので近くのお店の葉牡丹を食べていました。

 梅田からわずか1時間弱の憩いのスポットです。トレッキングにも最適。
秋の紅葉のころは観光地でにぎわう明治の森、冬もなかなか風情があっていいものです。


 お仲間の家でお茶をご馳走になり、お庭の園芸をたっぷり楽しませていただきお土産にお花までいただいて帰りました。

           DSCF6198.jpg


カラオケ大会

 私が勤務するスーパーの従業員の半分はパートのおば様。

 毎年、そこで働くおばさま達が集まってカラオケ大会を行います。
行きつけのカラオケ喫茶を貸し切りにして総勢20~25名ぐらいが
集まっての大パーティーです。
平均年齢5●歳くらい。とにかく歌好きな人たちばかりです。
恒例となって今年で6回目の開催となりました。

    会の名前は「熟女会」

 カラオケ大会に自慢の声を披露してやまない人ばかりの集まりだから、とにかくみんなとてもうまい。
そんな中に歌は大好きだがお聞かせするほどでもない私も参加させていただいています。

 古くからお付き合いいただいてるブフレの皆様は先刻ご承知の
大カラオケ大会なのです。

      今年もど派手にやりました。

            DSCF6225.jpg

         歌にあわせて踊る1さうざんど恥ずかしくて顔はみせられません。

                                DSCF6228.jpg

                                  笑ってやってください。

十日えびす

一月十日は『十日えびす』といって年の初めの商売繁盛を祈願する祭事として親しまれています。
関西では『えべっさん』と呼ばれていて今宮神社の『十日えびす』はとても有名です。

 昨日は朝からとても温かい天気で陽気も良かったし、勤務が昼からだったので会社の近くの
『高浜神社』「十日えびす」をお参りしてきました。

   
   ここはすいてました。夜は人がいっぱいだそうです。


    

『商売繁盛で笹もってこい』という掛け声が有名なんですが、笹に縁起物をつけて飾っておきます。


 境内では縁起物のさらえ(熊手)や箕の中に縁起物をつけている飾り物が飛ぶように売れてます。

     

巫女に扮したギャルが売ってるから余計に売れてます。(笑)

  七地福神の福の神の代表である「えびす様」を飾った縁起物です。お高いんです。
『家内安全』を願って一番小さいのを購入しました。


    
  この飾り物、商売をしてるお店は必ず飾ってます。ごらんになったことあるでしょう?
 『商売繁盛』になりますように願って飾ります。


  スーパーも競合店がひしめいて売り上げ争奪状態です。
今年も『商売繁盛』で「売り上げ」が上がりますように願ってきました。  





  
       

人体の不思議

 年末年始思い切り働いて、やっとお休みいただきました。
お休みを利用して大阪の梅田スカイビルに行ってまいりました。

          DSCF6102.jpg

           ビルの中は迎春ムードです。
 大阪に移り住んで18年、大阪の街、意外と知らないんですよね。
梅田スカイビルに初めて行きました。
 おりしも『人体の不思議展』が開催されていました。
入場料1500円は少し高いけど、せっかく行ったから見てきました。

 「人体の中に広がる美しく、巧妙な仕組みを理解し自分自身の体、命の 大切さをもう一度見つめなおし病気の恐ろしさ、健康であることのすばらしさを実感する。」をコンセプトに開催されています。
写真撮影は禁止。興味のある方は http://www.jintai.co.jp のアクセス
してください。

 人間の体の骨格や内臓、神経、そして血管が網羅に展示されています。
私が興味を持ったのは人間の血管。
とにかく頭の先からつめの先、隅々にまで張り巡らされてます。
その長さたるや地球の2周半だそうです。
そしてその流れる速さは場所にもよるそうですが20秒、遅くても2分 位で循環しています。

 また、人間が母親のおなかの中で育っていく過程の胎児の大きさを実物大で再現しています。
頭脳の大きさも実物大でしかも同じ重さで展示しています。

とにかく人間の身体の尊さや神秘な世界に驚かされます。
自分の体の中がどうなっているのか? みてみるのもとてもいい経験です。

 この会場で『脳年齢』を検査してくれるコーナーがあります。
これも怖かったけど、検査してもらいました。

脳年齢は48歳。う~~~ん。まあいいか?


 この会場をあとに40F、地上173メートル,視界360度の屋上のスカイ・パノラマ「空中庭園展望台」から新年の大阪、高層ビルやきらめく夜景を楽しみました。 


                 DSCF6101.jpg

                 ビルの下からのぞくとこんな感じです。

今年も健康で、楽しい1年であることを改めて誓いました。

2008年 今年の抱負

  私は毎年、漢字2文字の抱負を決めています。

 2006年は「夢中」・・・何かに夢中になることに決めました。
もう、2年も前だから忘れてしまってるけど、確かにいろんなことに
夢中になったような気がします。

 2007年は「挑戦」・・・今までに経験したことがないようなことなどに挑んでみることを抱負に掲げました。

 仕事のことに関しては昨年、昇進試験にトライしました。
社員だけでなくパートにも昇進の道を開ける会社の組織自体も立派ですが、恐れ多くもそれに挑む私もいささかどうかと?

 とうに、くも巣状態の脳みそをフル回転して難関の筆記試験に合格しました。2次試験は自分の仕事を分析してグラフや統計図を交えて7分で発表するスピーチ。
何の意識もせず働いてる私には過酷なテーマでした。
1ヶ月かかってまとめ、何度も管理職の前でスピーチの練習をして試験に望みましたが見事に不合格。

 結果は不合格だったけど、とても充実した日々でした。

 プライベートでは大好きなミュージカルもさることながら新しい分野に挑戦しました。
「オペラ」「狂言」
「オペラ」といってもアリアですが、すばらしくて感激しました。
私的には高貴な音楽と思っていたのが鑑賞して庶民的でかつ親しみのある音楽とイメージをかえました。

 「狂言」・・これはあわん。退屈。、、、まあ、そんなこともあろう。
 
 
 さてさて、2008年は「継続」に決めました。
20年以上勤務した仕事も、そして2年前からはじめたブログ。
(つたないブログにもたくさんの仲間が増えました。感謝しています。)

このほかに趣味のガーデニング(花観賞)などなど
少し遠のいていた俳句(?)と呼べるか?
ただ、日々の暮らしを17文字で表す気持ちの表現といったほうがいいかな? これを再開してみようと思いました。

 どこまで続けられか、わからないけど、頑張ってみようと思う年の初めです。

DSCF6051.jpg


           

お年賀

               tamakazari-1.jpg

           (カットは夢幻亭様からお借りいたしました。)
       

 あけましておめでとうございます。      

        今年もよろしくお願いします。

 | HOME | 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。