いつも輝いていたい。

興味を持ち続けること。楽しい日々を過ごすこと。出来たらいいな~。

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熟女会

 私が以前勤務していたスーパーは従業員の半分がパート社員でした。
しかもパート社員のほとんどが50歳を過ぎたおば様で構成されていました。

 50歳を過ぎたおば様同士で、社員食堂に集いおしゃべりをしたり、食事をするようになり
役員や会則もあるわけではないのですが、この集まりを『熟女会』と呼ぶようになりました。

 『熟女会』の主なイベントは恒例の「新年カラオケ大会」、夏に開催される「盆踊り」の
参加がメインで、適当に食事会の開催などもありました。

 会には芸達者なメンバーが粒ぞろいで惜しげもなく先頭を切って会を仕切り多いに盛り上げてくれて
いました。


 そして、退職してしまった私にまでたびたびこの会の行事にはお誘いをしてくださいます。
先日も会のメンバーの数人が定年退職されたので、慰労会をかねての食事会が開催されました。

 料理旅館の大広間を借り切っての大宴会です。
集まったメンバーは17名。

 会をいつも盛り上げてくれる3人の芸達者なメンバーは『南京玉すだれ』のご披露。
会を重ねるうちに技が増えていきます。

 カラオケ好きのKさんは自前の舞台衣装を持参で、日ごろの練習成果の声をご披露。
日本舞踊がお得意のTさんは、これまた舞台衣装で踊りのご披露。

 とにかくカラオケ好きのメンバーが多くて次々と歌って行きます。
歌のたびに後ろでダンス好きの仲間が多いに場を盛り上げます。
何の芸もない私も負けじと歌います。

 食事を運んで下さる仲居さんに、「こんな芸達者の集まりはないです。」と言わせるほどの
楽しい仲間たちの集まりです。

 貸切の3時間もあっという間にお開きになるほど、面白くて濃厚な会でした。


 宴会の様子は個人の顔が写ってるので、お見せできませんがお食事のお写真をご披露します。
お料理は、まあまあ。 これにてんぷらや茶碗蒸しがつきます。
 P1060112.jpg

 デザートはシューパフとマンゴープリン、甘党の私は美味しかったけど、呑み助には評判悪かったです。
 P1060114.jpg

 
 退職してもう、既に1年以上経ちますが、今でも未だ働いてる時と少しも変わらない
雰囲気に溶け込ませていただいた集まりでした。

 いつまでも覚えてくださって誘ってくださることに感謝しています。
本当に楽しい楽しい仲間たちです。

 私は奈良で作った野菜を旅行バックにたくさん詰め込んで持参し、お土産に持ってかえって
いただきました。

 翌日の食堂はそれぞれが持ち帰ってくださったお野菜で作ったお料理を持ち寄っての試食会だったと
メールが入っていました。 


 普通おば様が多い職場は人間関係がわずらわしくて、疎ましがられる風潮ですが、
少なくともそんな事はなく、楽しい仲間の集まりの職場です。

 私はただ、仕事がきつくて、荷が重過ぎて退職してしてしまいましたが、
今でも頑張ってる仲間を尊敬してるし、こうやっていつまでも仲間に加えてくださることに
本当に大感謝しています。


   いつまでも若々しい仲間たちに感謝。



スポンサーサイト

怒り

 桜が開花し始めたというのにこの寒さはこたえます。
なかなか暖かくならない天候の毎日です。

                        

 私は政治には疎いほうですが、最近の民社党のごたごたは否が応でも耳に入ってきます。
政界でもリーダーシップや協調が大切なように会社においてももちろん必要不可欠なことです。

 私が勤務する某企業、20数年前のバブルのころは成長著しく、
次々と新店をオープンし、すさまじい勢いで売り上げを伸ばしてきました.

しかし。。。

 他社の飛躍的な営業や商圏内の他店の進出等による影響。そして、
不況のしわ寄せは流通業界にも影響し、売り上げは一向に伸びるどころか下降線を
たどっています。
生き延びて行くためには経費の節約しかなく、その矛先は人件費という
従業員の生活に直接響くところまで波及しています。
会社が破綻しては従業員も困るわけですから、いまは乗り切るしか仕方がないわけです。

 こんな状況であるがゆえに上に立つ課長、社員たちがリーダーシップを
発揮してくれないといけないというのに、お互いの責任を転嫁したり、
コミュニュケーションの欠如というか、連携が取れていない状況。
のん気極まりない社員たちに怒りが炸裂しています。

 下で働くパート従業員が必死で仕事をしてるというのに、何を考えているのか?
 苦しい状況にあってこそ、課員のモチベーションをあげるための努力や
課員の気配りをするのが、職務だと思うのです。

 毎日、会社に行けば腹を立て、文句を言ってることにいらぬエネルギーを使うことが
馬鹿馬鹿しくなってきました。

 
 私は逆らうことなく、逃げることにしました。


DSCF1565.jpg



親睦会

私が勤務するスーパーは朝の9時から夜の10時まで営業しています。
しかも休業日無しで年間営業しています。

 景気のよかったバブル期に比べ従業員の数は減って、
今はその当時の半分以下の従業員でまかなっています。
課にしても細分化されていましたが、管理職を減らすために課を統合する形態に変わりました。

 今、私が所属する課は文具玩具、日用品、寝具インテリアの3つの課が統合し、
一人の管理職がすべてを統括しています。
所属課員は社員、パート、アルバイトを含めて22人います。

 それぞれの勤務時間も違うし、休みも違う、同じ課員でありながら会話をする機会もないことも
しばしばです。
営業時間にいたっては忙しくてプライベートの話はおろか、仕事の引継ぎもままならない状況です。

  img_843279_21475707_14.gif

 そんなわけで年に数回、課で親睦会をすることにしています。
話題は仕事の延長にはなってしまいますが、お酒が入ると饒舌になる人がいたり、
こういう場で本音を語る人がいたり、いつもとは違う雰囲気で打ち解けるようになるし、
意外な一面を発見したり、私はこういう席をとても大事にするようにしています。

 今回は用事があったりして出席する人が少なかったのですが、
楽しいひと時を過ごさせていただきました。

 会場となった居酒屋は新鮮なお魚をうりにしているお店で、
お昼間はランチが安くておいしく、主婦でにぎわっているらしい。

 気のぬくもりが感じられる和風のたたずまいにしています。
DSCF1025.jpg
 
 壁の竹がなんともいえない風情があります。
DSCF1024.jpg

 部屋のすみにはさりげなくつぼが飾っています。
DSCF1042.jpg

 お料理がこれがまた、おいしかったんです。
でも、みんなが話してるのに写真を撮るのもしらけるので今回は遠慮いたしました。

img_984895_21847011_4.gif

 あんまりみんなが話に夢中になって営業時間が過ぎても帰ろうとしないので、
お店の方に何度となく催促されてやっとおひらきになりました。

 やはり、こういうコミュニュケーションは必要だと実感します。


 

送別会

 私が勤務しているスーパーは全国展開してる大型スーパーです。
知っている人もあるでしょうが、●●●ーです。

 社員は約3年に一度転勤があります。
早い人だと1年で転勤の辞令がでることもあります。
転勤していく人のために毎度送別会が催されます。

 店長や課長クラスだと他の課の方も出席するから大送別会となります。
おとなしくて人付き合いのない方はこじんまりした送別会です。
勤務して18年、何百人の方を見送ってきたことでしょう。
 
 近頃は会社の食堂を利用して行われるから会費も2000円程度で済みますが、以前は居酒屋を利用していたので約4000円位の会費を取られてました。月に何回もある時はかなりつらかったです。
  
                             
  
 少し前に副店長の送別会がありました。
この方は、私の高校の後輩にあたりました。
私がそんなことを知る由もなかったのですが、転勤されてこれらた時、
いきなり「先輩、よろしくお願いします。」と言われ、「は!?」
返事をしたら「●●高校だよね。一緒。」と言われ驚きました。

 そんな「先輩、後輩」の間柄で何くれとなく、面倒見てくださいました。
私がパートの立場で「昇進試験」にチャレンジした時も、かなり面倒見てくださり、暖かいアドバイスをいただきました。
何度も発表の練習につきあってくださって、とても感謝していました。

                            

 当然の事ながら送別会に出席させていただき、お別れと感謝を申しました。
恒例で会の一番最後は一人一人プレゼントを贈呈するんですが、その時に

 「良く、試験頑張ったね。結果的には不合格だったけど、その歳で、ホントによく頑張った。
充分「合格」に値する経験だったと思う。自信を持ってこれからも仕事に取り組んで言って欲しい。」
と言ってくださいました。

 恥ずかしくもなく私の目から大粒の涙を流して泣いてしまいました。

●●副店長、本当にお世話になりました。゚・:,。★\(^-^ )♪ありがとう♪( ^-^)/★,。・:・゚ございます。お元気で、、

ボーナス商戦

 私が勤務している大型スーパーは●●市にあります。
駅の丁度前にあって、通勤にはとても便利です。
店が当初出来た頃は近隣にスーパーがなく、さぞかし賑わっていたことと思います。

 私がこの店に勤務して早18年、そのころはバブルが下火になったとはいえ、商品を並べれば飛ぶように売れた時代でした。
 バブルもはじけ、近隣に大型スーパーが進出し、年々客数も減り、
売り上げを確保するためにあの手、この手の企画をしなければ売れない時代になって来ました。

 駅前の立地は便利とはいえ、一家に1台の車を所有する時代になり、ちょっと離れた郊外のお店の方が駐車場も広く、いろんなレジャー
施設もあって、一日家族で楽しめる。

 そんなわけで、日々売り上げとの戦いなのです。
ボーナス商戦のための毎週のチラシ配布、そしてお得様向けの企画等で
連日残業を強いられています。
次々企画される行事にてんやわんやしております。
帰ればバタンQ!
あんまり疲れるので、足つぼマッサージをしてもらいに行きましたが
効果はなさそう。
 一頃前なら残業しても次の日はリフレシュして、明るい笑顔が出来たのに、近頃の挨拶は「疲れるね。」に変わってきました。

 やっぱり歳には勝てないわ。程々にしなくちゃ。

 
DSCF4359.jpg

  お花は私の唯一の栄養剤です。(三重県亀山公園にて)

お中元ギフト、スタート

 私が勤務している某スーパーもいよいよお中元のギフトコーナーが本日からスタートします。
昨日、準備でてんてこ舞いでした。

 私は寝具と寝装品の担当をしていますが、いつのまにやら、ギフトの
担当までするようになってしまいました。
先輩が段々定年で退社していくので、大役が次々廻ってくる世代になってしまいました。

 お中元
 中国では1月15日を上元、7月15日を中元、10月15日を下元
といい、天帝に供え物をし、罪滅ぼしをする日としていました。
これが日本に伝わり、日頃お世話になっている人に金品を贈る習慣となりました。
これがお中元の始まりです。

 時代も変わり、段々習慣も簡素化されてきています。
企業も予算の関係で廃止するところも多くなりましたが、ご家庭では
まだまだ習慣としてされています。

 デパート、各スーパー、それぞれ顧客獲得で早期展開を実施するところが多く、5月下旬からのスタートです。
 各店とも、売り上げを伸ばすために早期特典を実施しています。
我が店は2500円以上は全国無料配達の実施、
早期にお買いあげの場合、しかも自店のカードで購入すると1割引。
等々、顧客獲得に必死です。

 さてさて、皆様は今年は何を贈ろうとお考えでしょうか?

 DSCF3574.jpg

    富山の彫刻公園の銅像「未来樹」

スキルアップセミナー

 春、春、春と浮き立ってられません。
流通業界はもう夏商戦に向かってます。
今日は、夏物商品を売り込むための「スキルアップセミナー」に行って参りました。

 インテリア商材で夏物といえば「い草のカーペット」

 近年和室離れがふえ、畳の需要は減少傾向にあります。
しかし、しかし、「い草」を見直してみましょう。
「い草」にはこんな機能があるんです。

①空気の浄化  
  い草は空気中の二酸化炭素を吸収し、空気を綺麗にする働きが
  あります。

②湿度調節 
  空気中に水分が多いときは湿気を吸収し、
  乾燥しているときは水分を放出し、部屋の中の湿度を調節します。

③健康に良い 
 人体に悪い化学物質を吸着します。

④森林浴効果   
  良い臭いが脳をリラックスさせる効果があります。

 というわけで、「い草のカーペット多いに売り込まねばなりません。
 頑張りますわ。

 確かにあの、新しい畳のにおい良いですよね。
  
  畳と(?)は新しいのが良いって、、、、


 

 | HOME |  »

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。